主な特徴について | カードローンはかなり便利に使える最高のローンです

カードローンはかなり便利に使える最高のローンです

主な特徴について

現金数万円

さてここで初心者の人が気になるのは、キャッシングとカードローンの違いだと思います。
お金を借りるという意味においてはまったく同じであり、今ではほぼ同じ意味合いになってきましたが、元々は全然違うものになります。

まずキャッシングは基本的に短期的に借りる小口融資となっています。
キャッシングは主にクレジットカードについている融資機能が有名ですよね。
本来クレジットカードにはショッピングをするためだけに使える便利なカードでしたが、小口の現金を借りることができる機能がつくようになり、一度キャッシングをすると後から一括で返済するといった形が基本となっています。

一方でカードローンの方はというと、大口融資を実現することができるようになっています。
そのため数百万円までの融資ができるわけです。
また金額が大きいので、カードローンの場合は返済方法として主にリボルビングになるのが基本となります。

さらにカードローンの場合は限度額が大きいものほど、低金利になる傾向があります。
逆に少ないと金利は高くなっていきます。
ただそれでもキャッシングと比べると金利は安くなるのが特徴です。

このようにカードローンはとても便利なことがわかりますが、審査についてはキャッシングよりも厳しくなります。
特に銀行系カードローンの場合は入念に審査されるので、人によっては審査に落ちることもあるでしょう。
なお金利が高いところほど審査は甘くなり、低いところほど厳しくなるのが一般的だったりします。
ぜひこのことを参考にしながら、あなたもカードローンを作ってみてください。