利用できる年齢とは | カードローンはかなり便利に使える最高のローンです

カードローンはかなり便利に使える最高のローンです

利用できる年齢とは

ローンのイメージ

カードローンというのは、利用するための条件が色々あります。
特にそのひとつとして年齢制限があるので、ここで年齢制限についての話をしていきたいと思います。

まずカードローンの利用は一般的に20歳にならないと利用できないようになっています。
ではどうして下限年齢による制限が存在するのか?
簡単に答えると日本の法律では未成年者が使うことを禁止しているからです。
未成年者というのは民法上、法律が絡む行為について決定権を何も与えられていません。
決定権は20歳を超えてから初めて与えられるので、まだ10代の人はカードローンを利用できないわけです。
なお親権者の同意書があればカードローンが利用できるという情報がたまにありますが、それは違法である可能性があります。
ちなみにクレジットカードだったら親権者の同意書により18歳以上なら契約できますが、ローンはこれとは違うのでまったく別の話です。

そして下限年齢だけではなく、上限年齢による制限も存在します。
上限の場合は銀行系カードローンと消費者金融系カードローンによって異なり、銀行系の場合は65歳まで、そして消費者金融系の場合は69歳までとなっています。

なぜ上限まで決められているのかというと、継続的な収入が見込めない可能性があるからです。
たとえ年金を受給していたとしても、融資したお金を回収することができない可能性が懸念されます。
そのためカードローンは20代から60代までの人向けサービスとなります。

あなたもこの年齢の範囲内かどうかを確認してから、カードローンの手続きを始めていきましょう。